横向き枕をいろいろ試したけど一番のお勧めはYOKONEです!

是非、皆さんにもお勧めしたい!…“横向き寝専用枕”

こんにちは、今までいろんな横向きの枕を買っては試し、買っては試しを繰り返してきて、やっと、お気に入りの枕を見つけた横山と言います。

今日は、抜群に素晴らしい出来栄え!

……是非、皆さんにもお勧めしたい!

…… “横向き寝専用枕” をご紹介したいと思いますよ。

横向き寝の良い点

まずは、横向き用の枕の良い点を挙げたいと思います。

ところで皆さんの中には、睡眠時のイビキがひどいと家族から言われたり、目覚めた後なのに、なぜか疲れを感じたりしている方はいらっしゃいませんか?

そのような方は、もしかすると睡眠時の姿勢に問題があるのかもしれません。

最近の睡眠に関する研究から、熟睡できる姿勢として最も有効なのが「横向き寝」であることが判ってきたんです。

一般的に眠る際の姿勢としては、仰向けの姿勢で寝るのが有効だと考えられていますが、東洋医学では、「右側を下にして足を軽く曲げた状態(体がちょうどS字のように曲がった姿勢)が理想的だと言われているんです。

この東洋医学の考え方を裏付ける実験として、仰向けと横向きの寝姿勢での熟睡度をある機関が調査したところ、仰向け姿勢よりも横向き姿勢のほうが深い睡眠を得ることができていたと言うのです。

そして横向き寝で、より深い睡眠を得るためには、枕にもこだわる必要があります。

理想としては横向き寝専用の枕であり、東洋医学の「右側が下になり体が自然とS字になる」考え方を取り入れた枕がそうです。

横向き寝を取り入れることで、安眠を得られるんです。

ひどかったイビキが改善されたり、睡眠時無呼吸症候群の予防につながり、睡眠の質が格段に向上するんですね。

さらに、腰痛を持っている方は、使用前よりも楽になり目覚めも快適になるはずです。

その他にも良い点と言えば、脳にも良い影響を与えるとされているんですよ!

横向き寝の悪い点

イビキや睡眠時無呼吸症候群、腰痛などが改善され、安定した深い睡眠が得られるなど、メリットの多い横向き寝ですが、その反面デメリットもあります。

横向き寝の悪い点としては、右側を下にするため左右不対称性となり、その姿勢を長時間続けることで骨盤に影響がおよび歪みをもたらすという点です。

骨盤の歪みは体全体に歪みが生じることになり、そのままにしていると体のあらゆる部位に様々な影響が出ると言われています。

しかし、骨盤の歪みというものは、長時間椅子に座ってデスクワークを行ったり、姿勢が悪かったり足を組むだけでも生じるものです。

これらの姿勢は長時間行ったり、癖となっている場合が多いためより骨盤のゆがみを起こしやすいと考えられているんです。

一方、横向き寝は背骨を真っすぐにして無理のない姿勢をキープするため、これによる骨盤への影響は限定的なものだと考えられています。

もし、骨盤への影響が強いのならば、腰痛の改善や深い眠りを得ることは難しいはずですよね。

こうしたことからも、横向き寝によって影響される骨盤のゆがみというものは、それほど大きなデメリットとなることはないと考えられているんです。

横向き寝はデメリットはありますが、それほど影響力の強いものではなく、それよりもメリットの方が断然多いと考えられていますし、事実、私もそう感じていますよ。

最初に買った横向き寝まくら

【ふとん工場サカイオリジナル横向きまくら】

私は、質の高い睡眠がとれていなかったので、これまで横向き寝枕をいくつも購入しました。

最初に買った横向き寝枕は、『ふとん工場サカイオリジナル横向きまくら』だったんです。

この横向き寝枕は、一般的な羽枕などと比較すると1.5倍~2倍以上の高さがあり、横向きになっても肩が邪魔にならないため背骨が曲がらず、楽に寝ることができるというものでした。

この横向きで寝る枕は、生地に旭化成の「ベンセリック」と呼ばれる素材を使用しており、この生地によって吸湿性・放湿性が向上するため、厚みあるこの横向き寝枕でも衛生的に使用でき快適な睡眠が得られるとしています。

実際にこの横向きで寝る枕を使用してみると、この枕の高さになれていないということもあるかと思いますが、横を向いて寝ても少々違和感を覚えたのです。

枕の中央部分が盛り上がっていて、なおかつ柔らかいので顔が埋まってしまう感覚があったんです。

その後しばらく使ってみたところ、高さには徐々に慣れていきましたが、枕自体が柔らかめで頭が安定しないような感じがしてきたんです。

実際、睡眠中に何度が寝返りを打ちたくなったりもしました。

起床後の快適さに関しては、期待していたほどの熟睡度が得られなかったため、それほど快適さを感じることがありませんでしたね。

【ふとん工場サカイオリジナル横向きまくら】の詳細はコチラ

次に買った横向きまくら

【横向き寝用枕スリープバンテージ】

最初に買った横向き寝枕に満足できなかったので、次に『スリープバンテージ』という変わったカタチをした枕を購入しました。

このスリープバンテージはJの字をした珍しい枕で、安眠を得るために考案された横向き専用枕でした。

Jの字にすることで、頭・首・肩・背中の4つの部位をしっかりとサポートしてくれるので、睡眠時に体に負担を掛けない正しい姿勢をキープしてくれるというものです。

正しい姿勢で眠ることにより深い睡眠が得られると共に、いびき対策にもつながるとしています。

スリープバンテージは、通常の横向き寝の姿勢のほか、枕を反対にして使用することで半うつぶせ寝用の抱き枕としても使用することができました。

実際にスリープバンテージを使用してみたところ、最初のものと比べると高さはちょうど良く硬さも良かったです。

でも、しばらく使用してみたところ、早い段階でヘタリが気になるようになってきたんです。

そのため、少し低く感じるようになったのです。

購入当初の快適さや熟睡度は十分だったので、それをキープするには1年に1回~2回程度買い直さなくてはならないため、少々コストパフォーマンスに欠ける印象を受けましたね。

それから冬に入って、枕カバーがナイロンのような素材で少々冷たさを感じはじめたので、それっきりになってしまいました。

【横向き寝用枕スリープバンテージ】の詳細はコチラ

次の次に買った横向きまくら

【筒井式 横向き寝をしてもいい枕】

2番目に購入した横向き寝枕が、ヘタリ始めたと同時に冷たさを感じるようになったので、その次に『筒井式 横向き寝をしてもいい枕』という商品を購入してみたんです。

この枕は柔らかめと硬めの2種類があり、医療現場から生まれたとされる「口腔を保護する目的のまくら」でした。

そのため、通常のまくらと比べると下側の左右が無い不思議な形をしていましたよ。

この形がどのくらい効果があるのかを試してみたくなり、買ってしまったのです。

この枕は、横向きになった時に頬や顎がまくらにあたらないように設計されていて、頬や顎への負担が持続せず、睡眠中の負担を軽くするというものでした。

また、寝返りがしやすくなっているため、上向き寝でもしっかりフィットするようになっていました。

構造的には、タオルシート1枚、首あてシート2枚、ソフトキルティングシート2枚、ブレスエアー1枚からできており、この組み合わせを変えることで、自分の好みのまくらに仕上げることができるようになっていました。

実際にこのまくらを使用してみたところ、まくらカバーが滑りやすいので頭が安定しない感覚を受けましたね。

また、横向き寝専用のまくらというよりは、歯列矯正などの歯科治療を受けた方にはおすすめできるまくらという印象でした。

確かに頬や顎に負担は掛からないように感じましたが、横を向いて寝る専用枕が欲しかったので、残念ながら私にはちょっと合わなかったみたいです。

【筒井式 横向き寝をしてもいい枕】の詳細はコチラ

抜群に素晴らしい横向きまくら!

【YOKONE・ヨコネ】…コレが最終的に一番のおすすめ!

いくつか横向き寝枕を購入して試してみたのですが、ここまではあまり良い印象ではなかったんです。

季節も春になってきて、久しぶりに早起きしてテレビのNスタという番組を見ていると、こんな枕が紹介されていたんですね。

それが、今回一番のおすすめ!……『横向き寝専用枕 YOKONE(ヨコネ)』というわけです。

なんとなく、すぐにピーンときて、「これはいいかもしれない!」

……と思った事を、今でも覚えています。

それで、早速購入してみましたよ。

実際これはYOKONE2と言って、更に進化していたんです。

大きさはこんな感じでとっても大きんですよ。

これには理由があって、特許を持つ技術によって、頭・首・肩・腕の4点を支える構造であり、寝返りにもしっかり対応するよう設計されているんです。

そのため、肩や首が凝りにくく痛くなりづらいというわけです。

また、通常のまくらと比べて少々高めとなっており、この高さが横になった時に背骨を真っすぐにキープしてくれ、体への負担を軽減してくれるんです。

東洋医学では、安眠を得るためには横向き寝が最も理想であるとされており、YOKONEの枕はその東洋医学の考え方に基づいて開発されているのです。

一般的な枕で横寝をしたらこんな感じです。

よーく見て頂くとわかるのですが、首が湾曲しています。

そしてYOKONE2で横寝をしたらこんな感じです。

どうですか、首がしっかりと真っすぐになってるでしょ!

腕もいい感じで収まってるし、バッチリです!!

実際にYOKONEを使用したら、まず目覚めた時の爽快さに驚きを感じたんです。

ついさっき眠ったと思ったら、もう朝が来ていたような感覚を覚え、ビックリするほどの熟睡度です。

まくらにしては1.5kgと重量があり、この重さが寝返りを打った時にズレを防止するとのことだったんですが、まさにその通りでしたね。

また、起床後の体のだるさも一切感じないし、それどころかとても体が軽くなったように感じました。

嬉しいことに、YOKONE2を使用するようになってから、仕事も効率良く行えるようになりましたよ。

横向き寝は、認知症の原因となる悪玉物質を除去する働きもあるといいます。

これから歳を重ねていくわけなので、しっかり予防もしとかないといけませんしね。

これからもYOKONE2を使用して、健康的な眠りをKeepしたいと思います。

もし横向き枕で迷ってる方がいらっしゃるようでしたら、私は迷わずこのYOKONE2をおすすめしますよ!


【横向き専用枕 YOKONE 紹介動画 】

特許取得の横向き専用まくら【YOKONE2】の詳細・ご購入はコチラへ


■LINK